[Unity]テクスチャを自前でプログラム上で書く「LoadRawTextureData」

意外と資料が無かったので書いておく。
LoadRawTextureData


void Start () {
Texture2D texture = new Texture2D (128, 128, TextureFormat.RGB24, false);
byte[] data = new byte[128 * 128 * 3];
for (int i=0;i<(128*128*3);i+=3){
data[i ] = (byte)(i);
data[i+1] = (byte)(i);
data[i+2] = (byte)(i);
}
texture.LoadRawTextureData (data);

texture.Apply();
renderer.material.mainTexture = texture;

}


赤文字の箇所でしっかり設定しておかないと、嵌ります。この場合、RGB24 = R(8bit) + G(8) + B(8)ということですね。
テクスチャに描画している部分は、data配列変数に値を代入している箇所。byte配列なのでdrawlineとかは利かない…かな?

2015/04/26 修正
スポンサーサイト

tag : Unity C#

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞葉(ぶよう)

Author:舞葉(ぶよう)
github.io
はてなブログ(競プロ)

古い記事のソースコードは色分けしていないので、高機能テキストエディタに貼り付けたほうが見やすいかも。

検索フォーム
このブログについて
自分がつまづいた話題、なんとなく書きたいと思ったこと、ググったけど殆ど資料なかったぞオイ な話等をアップする予定。通りすがりでも、参考になっていただければと。プログラムの例外入力、メモリリークは責任負いません。投稿された記事は修正・削除する場合があります。
カテゴリ
タグ

HSP3アルゴリズムとデータ構造c++RubyJavaUnity画像解析C機械学習C#LinuxcodeIQKinectMinecraftTonyuSystemraspberrypiPythonHTML5音声制御Simulinkruby俺ルール通信制御Javascriptシミュレーション

counter-shinobi
固定記事
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
219位
アクセスランキングを見る>>