スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MagicDiscをどうしてもWindows10で使いたい

だって便利なんだもん。 MagicDiscとは?

MagicISO Virtual CD/DVD-ROM Overview It is very helpful utility designed for creating and managing virtual CD drives and CD/DVD discs.

要は、仮想DVDドライブを作るツールです。 これがWindows10で動作しない。 インストール時に弾かれるし、起動しようとしても権限が無いと怒られる。 Windows10の標準機能でisoイメージをマウントさせることは可能ですが、読み込めないisoイメージがありますし、 UIF形式はMagicISO独自形式なので、やはり手放せないソフトウェア、なのです。
「magicdisc windows10」でググると、次のサイトが出るかもしれません。

Windows 10 アプリケーション動作報告 他のWin7マシンの「Program files」内の「Magic Disc」のフォルダーをそっくりコピーして Win10(64)マシンの「Program files(x86)」内に入れたら動きました

2016/08/03のWindows10 Anniversary Updateで使えなくなりました。まぁ、この手法は明らかに脆弱性だよね。 という訳で、2016/08/04時点で無理やり動く方法を探しました。 ただし、この方法はWindows10のセキュリティを緩めるので、自己責任で。 次のリンクを参考にします。

MagicDisc + Windows 10 How to Disable Driver Signature Verification on 64-Bit Windows 8.1 or 10 (So That You Can Install Unsigned Drivers)

概略。
  1. MagicDiscの「インストール後に展開されるファイル」を入手する
  2. Unsigned Driversをインストール可能にするため、セキュリティを一時的に緩めるよう設定
  3. デバイスマネージャーから、手動でMagicDiscのデバイスドライバをインストール
  4. MagicDiscを起動する。

MagicDiscの「インストール後に展開されるファイル」を入手する。

MagicDiscをインストールすると、「Program Files(x86)」にMagicDiscのフォルダとファイルが生成されるのですが、それを手に入れて「C:\Program Files (x86)\MagicDisc」に置きます。 「MagicDiscをインストールするためにMagicDiscをインストールする」という変な話に捉えられそうですが、
  • 以前インストールしていたならば、「\Windows.old」以下のバックアップがあればそこから手に入れる。
  • 普段から定期的にバックアップを取っていたならば、バックアップから「Program Files(x86)」内にあるMagicDiscを持ってくる。
  • VMware Player等で仮想OSを作成し、対応しているWindowsをインストール、仮想OS上でMagicDiscをインストールして、仮想OSから「ProgramFiles」に生成されたMagicDiscを持ってくる
等があります。ちなみに「MagicDisc + Windows 10」のリンク先にはもっと派手な方法が書いてあります。

Unsigned Driversをインストール可能にするため、セキュリティを一時的に緩めるよう設定

署名が無いドライバをインストールするため、Windowsの設定を「Disable driver signature enforcement」します。 Shiftキーを押しながら再起動操作をして、あれやこれやをするのですが、上のリンクHow to Disable Driver Signature Verification on 64-Bit Windows 8.1 or 10に丁寧な図が乗っているので、こちらを見てください。

デバイスマネージャーから、手動でMagicDiscのデバイスドライバをインストール

スタートボタンを右クリック、デバイスマネージャーを開く。 ツリーリストの一番上のPC名が書かれた要素を右クリック、「レガシ ハードウェアの追加」をクリック。 「一覧から~」を選択、「全て~」を選択、「ディスクを使用」をクリックして、「C:\Program Files (x86)\MagicDisc」を選択します。 Windows様がしかめた顔で確認してくるので、YESと答えれば、デバイス・ドライバのインストールが完了します。 ここまでの手順を完了していれば、「MagicDisc.exe」が起動でき、isoイメージをマウントできるようなります。 20160804_magiciso1.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ移転のお知らせ
ブログをshonen.hateblo.jpに移転します. 新規の記事はこちらに投稿します.
プロフィール

舞葉(ぶよう)

Author:舞葉(ぶよう)
github.io
はてなブログ(競プロ)

古い記事のソースコードは色分けしていないので、高機能テキストエディタに貼り付けたほうが見やすいかも。

検索フォーム
このブログについて
自分がつまづいた話題、なんとなく書きたいと思ったこと、ググったけど殆ど資料なかったぞオイ な話等をアップする予定。通りすがりでも、参考になっていただければと。プログラムの例外入力、メモリリークは責任負いません。投稿された記事は修正・削除する場合があります。
カテゴリ
タグ

HSP3アルゴリズムとデータ構造c++RubyJavaUnity画像解析C機械学習C#LinuxcodeIQKinectMinecraftTonyuSystemraspberrypiPythonHTML5音声制御Simulinkruby俺ルール通信制御Javascriptシミュレーション

counter-shinobi
固定記事
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
94位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。