HSPでの、メモリ内部での配列変数の並び

dupの使い方の1つでもある。

配列変数aとbはdup命令によって同じ領域を参照する。

a.0.1には001が、a.1.0には100が格納される。


dim a,3,4
dim b,12

dup b,a

repeat 3
i=cnt
repeat 4
a.i.cnt=i*100+cnt
loop
loop

repeat 12
mes strf("%03d",b.cnt)
loop


実行結果。この順で並んでいる。

000
100
200
001
101
201
002
102
202
003
103
203


HSP内だけでプログラム組むのであればこの辺の知識は不要ですが、
WindowsAPI等扱う場合、必要になったりします。
スポンサーサイト

tag : HSP3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

舞葉(ぶよう)

Author:舞葉(ぶよう)
github.io
はてなブログ(競プロ)

古い記事のソースコードは色分けしていないので、高機能テキストエディタに貼り付けたほうが見やすいかも。

検索フォーム
このブログについて
自分がつまづいた話題、なんとなく書きたいと思ったこと、ググったけど殆ど資料なかったぞオイ な話等をアップする予定。通りすがりでも、参考になっていただければと。プログラムの例外入力、メモリリークは責任負いません。投稿された記事は修正・削除する場合があります。
カテゴリ
タグ

HSP3アルゴリズムとデータ構造c++RubyJavaUnity画像解析C機械学習C#LinuxcodeIQKinectMinecraftTonyuSystemraspberrypiPythonHTML5音声制御Simulinkruby俺ルール通信制御Javascriptシミュレーション

counter-shinobi
固定記事
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
265位
アクセスランキングを見る>>